資格

簿記2級取得を迷っている方への正直なアドバイス

一気に勉強してもいい

3級に合格したら、そのまま2級に進もう

2級を勉強する気になったけど、いつからやろうと思っている方へ。

3級に合格したらすぐ、2級に進みましょう。

私は3級で久しぶりに勉強したのですが、間が空いてしまうともう一度重い腰を上げるのが大変だと思って、すぐに2級の勉強に取り掛かりました。

3級合格から間が空くと、2級の勉強を始める際に3級の復習から始めなければいけません。

実際、3級合格後数年たってから2級を受けようと思って教科書は買ったものの手つかず・・・という人もいるでしょう。(私の家族がそうです)

簿記3級を取ってみて感じたこと

私は簿記3級を取った後すぐに、簿記2級の勉強を始めました。

なぜか。

私の目標は、会計の知識を身に着けて、仕事や投資に生かせるようになること。

そのためには2級の知識が必要でした。

簿記3級合格後、3級の知識では不十分だと思い、すぐ本屋で2級の参考書を買ったのを覚えています。

ちょっとだけ有利になる

2級受験を尻込みしている人向けに、私が2級受験で得たことをお伝えします。

銀行残高だけでなく、全体的な収支で物事を考えられるようになったと思います。

簿記2級を持っているからと言って、就職先がポーンといきなり決まったり、税理士のように独占業務をこなせたりはしません。それには勉強時間が足りてません。

あくまでも、会計の知識を身に着けて、視座を広げる。そのくらいの気持ちで受験した方がいいのではないでしょうか。

経理や自営業をこれから目指す方、投資に興味がある方、就活や営業で数字がわかることをアピールしたい方は、ぜひ簿記2級を目指していただたいと思います。

簿記3級よりボリュームが増える分、勉強は大変になりますが、「ああ、この人は最低限の会計の知識があるんだ」と、あなたに対する客観的な評価も高まるでしょう。

もしかしたら、勉強しているうちに簿記が楽しくなって、上位資格の税理士や公認会計士を目指すことができるようになるかもしれません。

勉強してみて、やっぱり会計なんかに興味はないや!と思う方もおられます。

私もどちらかというとその一人です。

ただ、勉強しないと何事もわかりません。

簿記2級が、自分が会計や経理に興味があるのかどうかを判断するいい材料になるでしょう。

会計に興味がないと分かっても、簿記2級合格という実績はあなたの手元に残ります。

結局、3級か2級か

結論から言うと、2級まで取ったらいいんじゃない、と思います。

簿記2級で初めて、会計的な考え方を垣間見ることになります。

簿記3級だと、やっぱり勉強したけど使わなかった!で終ってしまう可能性が高いです。

3級と2級で勉強する内容をまとめてみました。自分が学んでみたいと思うことが3級の内容なのか、2級の内容なのか確かめてみてください。

簿記3級でできるようになること

会計の基本的な用語が理解でき、全くの会計初心者から抜け出せるでしょう。

減価償却、貸倒引当の意味が分からなければ、受ける意味は大いにあります。

知らないと恥ずかしいからです。

会計の大まかな流れとPL(損益計算表)やBS(賃借対照表)がなんとなーく理解できるようになるでしょう。

簿記3級ではできないこと

中規模以上の会社の決算書を読んだり、書いたりしたい人には、不十分です。

どのぐらい商品を売ったら利益が出るの?やこの洗濯機の原価はいくらなの?固定費はいくらかかったの?といったことはわかりません。簿記2級の工業簿記の範囲です。

グラフ書いて経営分析するなど、かっこいいことをやりたいなら簿記2級へ進みましょう。

簿記2級でできるようになること

CVP分析などの初歩的な経営分析中規模以上会社の決算書が理解できるようになります。

簿記2級では商業簿記と工業簿記が登場します。

商業簿記は簿記3級の延長です。加えて、子会社を持つ大企業の連結会計や、有価証券の取り扱いなどが理解できるようになるでしょう。

工業簿記は簿記2級から登場する新しい分野です。主に原価計算を学習します。車を作るのに、労務費や材料費はいくらかかったのか、仕事に無駄はなかったかを分析できるようになるでしょう。

損益分岐点という有名キーワードが登場し、グラフをかいて経営分析!みたいなこともできるようになります。(私がやりたかったことはこれ!)

仕掛や仕損といった主に製造業で使用される用語も理解できるようになり、工場の人と会話が弾むかもしれません。

簿記2級ではできないこと

キャッシュフロー計算書や高度な経営判断(ex.外注するのか内製するのか)は簿記1級の範囲です。

この記事のスコープから外れるので、詳しくは書きませんが簿記1級は学ぶ内容量や難易度は2級と比べ物になりません。

試験範囲の詳細は日本商工会議所のホームページから確認できます。

/https://www.kentei.ne.jp/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です