資格

簿記検定合格後にやってもいいこと

決算ハンズオン

学んだことを実践しよう

損益計算書(PL)と賃借対照表(BS)を作ってみましょう。

え、でも会社を運営しているわけでもないし、というあなたへ。

せっかく勉強したのに実際に使わないともったいないです。

会社を設立したことにして、銀行残高だけでなく、お金の収支で物事を考えてみましょう。

実際にやってみる

50万円を資本金にして会社を立ち上げてみます。

現金(500,000)資本金(500,000)
*簡単のために剰余金を省略しています

30万円でパソコンを購入します。

備品(300,000)現金(300,000)

売上が発生しました。

売上原価(5,000)現金(5,000)
現金(10,000)売掛金(10,000)

月末にパソコンの減価償却をしましょう。

減価償却費(1,000)減価償却累計額(1,000)
*減価償却費は一例です

繰越利益剰余金を当期純利益に振り替えます。

損益(4,000)繰越利益剰余金(4,000)

損益計算書は次のようになります。

売上高10,000
売上原価5,000
販管費1,000
当期純利益4,000
利益が出ました!

賃借対照表を作成します。

資産の部純資産の部
現金(200,000)資本金(500,000)
売掛金(10,000)繰越利益剰余金(9,000)
備品(299,000)————————–
資産合計(509,000)純資産負債合計(509,000)

仮想の会社を立ち上げて、月次決算を無事終えられましたね!

パソコンを買って現金が買いました。

現金や銀行残高しか知らないと手元には20万円しか残ってない!と焦るかもしれません。

賃借対照表を作成してみると、現金が減少しても今後の財を生み出す資産になったことが分かります。

個人事業主の方はもちろん、会社員や学生の方は、決算で学んだ簿記を役立ててみてください。

5つの表を作成する(リンク有)

決算の一連の流れを思い出します。

日頃の仕分を記載した総勘定元帳から残高試算表を作成します。

月次精算表で決算整理仕訳を反映します。

精算表を賃借対照表と損益計算表に転記するのでしたね。

下から順番に作成します。

表のexcelテンプレのリンクを貼っておきます。

好みの表を検索したり、自分で表を作ってもよいと思います。

ダウンロードは自己責任で行ってください。

総勘定元帳 

https://juno-e.com/excel-free/?page_id=3458

残高試算表 

https://juno-e.com/excel-free/?page_id=3772

月次精算表 

https://apec.aichi-c.ed.jp/kyouka/shougyo/H20shou/boki_template/index.htm

損益計算書

http://financial.mook.to/excel/005.htm

賃借対照表

http://financial.mook.to/excel/004.htm

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。