運転

運転初心者が公道を走る前に確認してもいいこと

安全はすべてに優先する

車社会に出る

私はもともとペーパードライバーでした。

会社でみっちり安全運転を教え込まれたので、これまで無事故無違反です。

教習所で学んだだけだと、公道に出たときパニックになります。

運転に自信がない方向けに、私が車を運転できるようになるまでに感じたことをお伝えしたいと思います。

車を運転してよかったことも、後でご紹介します。

ハンドルを握る責任

車を運転するときには集中するようにしています。

車で人を轢いたら刑務所行きだということは誰もが知っているでしょう。

ハンドルを握ることは、どんな理由で事故を起こしたとしても、ハンドルを握っている人に事故を起こした責任があるということです。

約束に遅れそうだから飛ばしたら、自転車を轢いてしまった。

携帯を見ていたら、前の車にぶつかってしまった。

ちょっとした油断や焦りで事故は起き、運転手は罪を償わなければならなくなります。

私は慣れたときが一番危ないぞ、といろんな人から言われました。

眠くなったら運転するのをやめて、休憩しましょう。

ボーとしてたら事故する

運転中はいろんなことを同時にやらなくてはいけないのです。

初心者が難しいのは右折でしょう。

実際に右折時の事故が多発しています。

事故と違反を起こさないためには、ポイントを押さえた確認が必要です。

具体的に右折時の確認方法を見てみます。

直進車の有無を確認

直進車が優先なので、対向車線が途切れるまで待ちます。

2輪車は思ったよりも早く近づくので、十分な余裕をもって右折します。

巻き込み確認

サイドミラーや直接目視で車のそばに2輪車がいないか確かめます。

車は内輪差が大きいので、簡単に接触してしまいます。

横断歩道の上の歩行者を確認

車道が青になっているということは、ほとんどの場合歩行者の信号も青ですね。

歩行者を押しのけて右折すると歩行者妨害で違反になります。

ピラーの死角に隠れた歩行者を轢いてしまう痛ましい事故もたくさん発生しています。

念のために、横断歩道は速度を落として進みます。

横断歩道は歩行者の聖域と呼ばれています。

埼玉県警ホームページhttps://www.police.pref.saitama.lg.jp/f0010/kotsu/keep38.html

飲酒運転に気を付ける

お酒が抜けるまでは運転しません。

前日に飲んでいなくても、前々日に飲んだアルコールが抜けてないことがあります。

特に肝臓が弱い方はアルコールの分解が遅いので、注意された方がよさそうです。

ビール350ml缶のアルコールを飲むと、体から抜けるまでにだいたい4時間かかります。

飲酒運転に関しては官公庁のホームページを参照してください。

政府広報オンライン 

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201312/1.html

車の死角

実際に乗ってみて、車は死角が多いです

添乗訓練中、他の車や障害物を見落として教官に怒られました。

発進する際と、走っている最中に実際に行っていることをお伝えします。

発進時

私は乗車前、車の近くに人がいないかを確信するために、車の周りをぐるっと一周するようにしています

下の絵では、赤い部分が死角です。

ピラーに邪魔されて、斜め前方と後方が見えません。

ボンネットはすぐ前の視界を遮っています。

運転手からは、後方の人や前の障害物が見えていません。

交通

走行時

車線変更する際は気を付ける必要があります。

姿勢を変えて直接目視で確認します。

ピラーが死角になって並走する車や二輪車に気づきません。

サイドミラーは真横を写せないので、見落としやすいです。

交通

車を運転できてよかった

仕事編

気まま

運転しているときは一人です。

デスクワークなどは常に職場の人と顔を合わせているので、気楽に過ごすことができます。

安全意識を高められる

会社で、安全講習や事故事例をしって、安全運転に徹することができます。

教習所は最低限のことしか教えてくれません。

ペーパーの私でもまともなドライバーに成れました。

youtubeのドラレコ映像をみるのは勉強になりますよ。

休日編

運転するようになってから、休日の行動が変わりました。

行動範囲が広がる

車でしか行けないところに行けるようになりました。

高速道路の道の駅や、駅から遠いスポットに行けるのは楽しいです。

家に車がなかったので、運転を覚えるまでは公共交通機関が走っているところにしか行けませんでした。

車産業に興味を持てるようになりましたし、友人と車の話で盛り上がることができるのです。

プライベートな空間が持てる

自分だけの空間があるということですね。

一人になりたいと思えば、車でドライブに出かけてみましょう。

夜にドライブすると交通量が少なく、走りを楽しむことができますよ。

やりたいことが増える

youtubeや雑誌を見て、車関連のコンテンツを選ぶことが増えました。

キャンプや車中泊などのアウトドアにいけるようになります。

将来どんな車を買えるかな~と妄想を膨らませるのも楽しいですね。

荷物を運べる

車は大量の荷物を運ぶことができます

業者に依頼する必要がないので、安上がりでしょう。

買い物に行けば、まとめ買いをするのもおすすめです!

お酒やお米などかさばる商品を一度に買ってストックすると手間が省けますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です