運転

都会で運転するために危険予測を高めよう

危険予測の精度を上げる

私は運転免許を東北の田舎で取りました。

初めて都会で運転すると、道路状況の違いからパニックになります。

事前知識として知っておくといいことをご紹介します。

流れに乗る

車の流れに乗りましょう。

都会は車線が多いです。

間違った車線に入ることがあるでしょうが、焦ってイエローカットすれば違反です。

一旦やり過ごしてから、落ち着いて進路を修正するようにしましょう。

歩行者や自転車に近づかない

速度を抑えて走行しましょう。

子供の飛び出しや、自転車の急な転倒を想像して怖いと感じれるようになってください

都市部は車と自転車や通行人が入り混じっています。

田舎だと人通りがないのでついついスピードを出しがちです。

幹線道路での危険予測

交通量の多い大道路では、危険予測を間違えると事故になります。

どこを見て運転すればいいのかをお伝えします。

対向車線に出るとき

路肩から対向車線に出るには、3つのフェーズがあります。

  1. 左右を見る
  2. 右を見る
  3. 左右を見る

歩道を跨ぐ

信号が赤になるまでウインカーを出して待ちます。

歩道に頭を出して、他の車に自車が出ていくことを示しましょう。

首を左右に振って、歩行者や2輪車に注意してください。

信号が赤になったら道路ギリギリまで車を出して、歩道をふさぎます。

車線を跨ぐ

道を譲ってくれたら、右から間をすり抜けてくる2輪車に警戒してください。

身を乗り出し、スピードを落として細心の注意を払います。

典型的なサンキュー事故が、すり抜けてきたバイクとの衝突ですよ。 

車線を跨いだら、左に視線を移します。

右折を開始する

2輪車は予想よりも早く近づくので、やり過ごしてましょう。

十分に安全を確認したら、左右を見ながら右折します。

この時、道を譲ってもらう場合がありますが、サンキュー事故を警戒しましょう。

右折後、サンキューハザードをするのもいいですね。

右左折するとき

右折と左折に分けて、危険予測箇所をご紹介します。

右折

矢印信号に変わるまで待ってもかまいません。

右折レーンで待ちます。

大きく前に出る必要はありません。

対向車が途切れるのを待つ間に、歩道を確認して、歩行者と2輪車の有無を確認してください。

小さい車や2輪車はやり過ごすようにしましょう。

対向車が途切れました。

巻込みの危険があるので、右ミラーや直接目視で内側に2輪車がいないことを確認します。

左ミラーを見て、尻振り*確認します(*曲がる際に車体の左後方が膨らむこと)。

横断歩道を徐行で通過できるように、十分な余裕をもって右折を開始してください。

左折

車体を歩道側に寄せください

左ウインカーを出します。

自車の左をすり抜けてくる2輪車を巻き込まないように、人ひとり分程度まで寄せるといいでしょう。

徐々に減速して、後方からの追突の危険を減らします。

左後方の2輪車と右後方の尻振りを確認後、左折を開始してください。

歩行者に注意して、横断歩道を徐行して通過します。

大型車両に警戒する

接近しない

私はトラックやダンプに近づきません。

車体が長いほど右左折時の尻振りが大きくなるからです。

また、落下物の一部が車体に当たる可能性があります。

車間距離を長く保つ

車間距離は長くとりましょう。

大型車両は視座が高く見晴らしはいいのですが、背の低い車は地面と同化して見えなくなります。

車間を詰めていたら、追突された際に逃げ場がありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です